2018-01-01

  • 美浜リポート2018年1月号を掲載しました。

2018-03-19

  • 布施まさよし後援会「早春の集い」のご報告を掲載しました。

2018-04-16

  • 美浜リポート2018年4月号を掲載しました。

2018-04-30

  • 映画「太陽の蓋」上映会のお知らせを掲載しました。

2018-101美浜リポート表紙.jpg
2018.01 美浜リポート(全4ページ)

2020年オリンピック・パラリンピックに向けて
千葉から平和と多様性社会実現をアピールしよう

平成29年度第4回定例千葉市議会報告
今議会の概要 主な議案とその内容
最新市政情報
エンディングサポート事業の実現へ

LinkIcon美浜リポートを読む

早春の集い2018-2.jpg

KYU_3651-2.jpg平成30年3月18日の日曜午後。例年より早い桜の開花情報が聞かれる中、美浜区のヴェルシオーネ若潮2階福宝の間に於いて、恒例の布施まさよし後援会「早春の集い」が開催されました。

午後2時。司会・開会の挨拶は事務局の多田さんと後援会代表代行の長沼さんから。続いて河野俊紀千葉県議会議員を始め、文書改ざん問題で揺れる超ご多忙な中を、たじま要衆議院議員、長浜博行参議院議員、小西洋之参議院議員、そして宮川伸衆議院議員と次々にお祝いに駆けつけてくださいました。

KYU_3633-Square.jpg

KYU_3636-Square.jpg

KYU_3640-Square.jpg

KYU_3682-S.jpg続いて、布施市議の初当選と同じ年に生まれ、先月40歳の誕生日を迎えたばかりという熊谷俊人千葉市長による特別市政報告「30年度の予算と実現した施策、今後目指すべき千葉市の未来」と題した特別市政報告会が始まりました。
30分という時間制限の中、プロジェクターで写真や図を織り込みながら、先週の木曜、3月15日に閉会したばかりの「平成30年第1回定例会」から報告。中でも関心を集めたのが、千葉市の人口比で25%を超えた高齢者医療と介護に関する予算案と、美浜区住民としては、イオン幕張新都心店近くに建設する新駅。更に稲毛の浜の「海辺の砂浜の街づくり」でしょうか。

KYU_3700-Square.jpg

KYU_3705-Square.jpg

KYU_3709-Square.jpg

KYU_3714-SW.jpg議員の皆様のご挨拶や市政報告の合間には、もちろん布施市議の絶妙なトークも交え、終始にこやかな笑顔の中で会は進み、時間に追われながら第2部の「早春ミニコンサートと懇親会」へ、休憩もないまま開宴。
千葉神楽太鼓の皆さんによる太鼓演奏、親子獅子舞に続き、御木マドカさんと仲間たちの皆さんによるバイオリン合奏。「ブラームスの子守歌」「トルコ行進曲」「さくらさくら変奏曲」そして「ホームスィートホーム(埴生の宿)」と、「ふるさと」。

KYU_3733-2.jpg

KYU_3738-Wide.jpg

KYU_3754-Square.jpg最後のプログラムは、長崎市生まれ、千葉市在住のシンガーソングライター松尾貴臣さんの歌。亡き祖父が扁平足だったため徴兵されず、母、自分、そして娘へと4世代に渡り命が繋がった実話を元に創り上げた「へんぺいそく」。そして「ちばりょー」「絆」のオリジナル3曲を熱く歌い上げました。

4時の終宴予定時間を大幅に過ぎ、「布施市議への市政活動への質問意見」のコーナーへ。
当初、各テーブルを回りながら、その場で質疑応答するつもりでしたが、限られた短い時間の中で、3人の方の意見を聞き、熊谷市長の市政報告を補う形で、それでも「布施節」は絶好調のうち、後援会事務局の宮原さんの閉会の辞で4時半過ぎに終宴となりました。

お忙しい中、多数の皆様の御来宴をいただき、ありがとうございました。

2018-01美浜リポート表紙.jpg
2018.04 美浜リポート(全4ページ)

財政再建を堅持し未来への投資を着実に

平成30年度第1回定例千葉市議会報告
討論の概要
新庁舎整備について
保険・福祉の施作について
子育て支援施作について
経済農政について
都市アイデンティティーについて

LinkIcon美浜リポートを読む

上映会&トーク

日時:2018年5月19日(土)14:00〜(13:30開場)
会場:千葉市美浜文化ホール 2階メインホール
会費:500円
定員:先着350名(事前お申込をお願いします)
お申込方法お電話かネットでお申し込みください。
電話:043-277-1212(担当:神馬)

主催:太陽の蓋映写会実行委員会
菅直人元総理、千葉に来たる!

《終了しました。》

太陽の蓋.jpg

「核兵器廃絶をめざす千葉の会」主催

日 時 6月17日(日)午後2時から
場 所 ホテルポートプラザちば
     京葉線千葉みなと駅前(山側)
参加費 資料代500円
【終了いたしました。ご来場ありがとうございました。】

「核兵器廃絶をめざす千葉の会」主催のノーベル平和賞ICAN「川崎哲氏講演会」のお知らせです。

 1945年8月6日広島、9日長崎に投下された原子爆弾によって亡くなった方は、両市の原爆死没者名簿登録者数によれば、2017年8月時点で広島市30万8,725人、長崎市17万5,743人で、計48万4,468人に達しています。しかも、あれから70年以上を経た今日、なお被爆者の方々は原子爆弾の後遺症に苦しんでいます。また、その被害は二世、三世の方々にも及んでいます。戦争の記憶が薄れてゆく中で、今を生きる私たちには歴史を語り継いでいく責任があります。

 「核兵器廃絶をめざす千葉の会」は、2017年7月国連における「核兵器禁止条約」の採択や、「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞を契機として、唯一の戦争被爆国である我が国こそ同条約の批准を主体的に行い、国際社会において核兵器廃絶の先頭に立って行動すべきことを求め、被爆者の方々と有志の団体や市民との話し合いを重ねて、本年4月24日に結成されました。私は、この会の結成呼びかけ人の一員であり、副代表の任務を担っています。
 地球最後の日までを概念的に示す「地球時間」については、2018年1月に2分と発表されました。核兵器廃絶は、人類全体の深刻な課題であり、世界唯一の戦争被爆国日本と、とりわけ被爆者の悲願です。
 「核兵器廃絶をめざす千葉の会」は、これまで県内において被爆者の皆さんが、懸命に積み上げてこられた活動をしっかりと受け止め、地球上から人類最悪の兵器である核兵器を完全に廃絶するまで、千葉県民の一人一人に働きかけ、千葉から全国へ、そして世界へと核兵器廃絶の声を広げてまいります。

 今後、平和を希求する多くの皆様のご賛同をいただき、講演会、各種署名、自治体議会の意見書・決議の採択要請など積極的に取り組んでまいりますので、皆様のご賛同とご協力を心よりお願いいたします。

 つきましては、下記のとおりノーベル平和賞ICAN「川崎哲氏を招き、講演会を開催いたします。皆様のご参加をよろしくお願いいたします。

6.17川崎哲講演会チラシ完成版-S

LinkIcon講演会リーフレットをPDFで読む


核兵器廃絶をめざす千葉の会
  代 表 秋葉就一
  副代表 入江あき子 上野博之 大野博美 
      小宮清子 布施貴良
  事務局長 亀井琢磨 次長 庄司光一
  連絡先 千葉市美浜区高洲3-4-12-101
  (電話)043-277-1212(FAX)043-278-9966

2018年07月21日.jpg

7月の定期無料法律市民相談
第269
平成30年7月21日(土)
午後1時〜午後5時

法律問題や暮らしのことで心配事がありましたらお気軽にどうぞ!

※事前申し込み制です。電話、メール、Faxで早めに申し込みください。関係する書類も出来るだけご持参ください。